探偵の仕事が難しくなる理由

探偵の仕事の困難さ
探偵の仕事はテレビやマンガのイメージだと「事件解決してかっこいい!」と思われていますが、実際の探偵の仕事はとても地味で、困難な仕事です。
まず、探偵の仕事としてあげられる尾行も素人では簡単にまねをすることができません。
ふつう、一人のターゲットに対して複数人でチームを組んで尾行します。もちろん個人事務所であれば個人でターゲットを尾行するっこともありますが、個人での尾行はかなりの技術を必要とします。
まず、ターゲットを尾行するときに探偵は服装に注意します。たとえばターゲットがサラリーマンなのに、作業員の格好をしていたらすごく目立ってしまって尾行がバレやすくなってしまいます。ターゲットの活動エリアにあわせた服装をして背景に溶けこむことが重要になります。
また、ターゲットが人混みのないところを歩いているときにターゲットをずっと尾行しているとターゲットに怪しまれてしまいます。そういう場合は数メートルおきに仲間と尾行を交代したりしながら、ターゲットの行動を監視します。人混みが多い場所での尾行はさらに大変で大勢の人間のなかからターゲットを見逃さないようにするのは至難の業です。
尾行という仕事は一見とても簡単そうに見えますが実はものすごく技術のいる仕事なんです。




安い料金の探偵の選び方/優良な興信所とは