探偵と警察の本当の関係

探偵の仕事の真実
テレビドラマやマンガにでてくる探偵は警察と仲がいいようにかかれていますが、実際の探偵の仕事は警察とはほとんど関係がありません。探偵が警察とかかわり合いになる場合はストーカー被害に会っている依頼人のストーカー被害の証拠を提出するときや、張り込み作業をしているときに警察官に職務質問されるぐらいです。
腕のいい探偵になる張り込み作業をしていても職務質問されることはまずないので、ますます警察とのかかわり合いはありません。
しかし、探偵の仕事は警察よりも簡単か、といわれると警察よりも遙かに困難です。
警察は警察手帳さえあればある聞き込み調査ができますが、探偵は警察手帳なんてものも権力もありません。なので、探偵は独自のテクニックを使って会話のなかからさりげなくターゲットの情報を入手します。
もちろん、身近なターゲットに接触すればターゲットのことはすぐにわかるかもしれませんが、それでは探偵の調査がすぐに相手にバレてしまいます。探偵はそういった聞き込み調査をするのにも細心の注意を払ってターゲットに気取られないように調査をします。
また、調査をするときの張り込みもかなり重労働で夏場であっても車のエンジンがついているとそれだけで怪しまれるので熱い車内であろうともクーラーをつけることもなく、ただずーっとターゲットの行動を監視する張り込み業務は地味なみためとは違いとてもハードな業務内容になっています。




安い料金の探偵の選び方/優良な興信所とは